×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大学受験 英語長文問題速解法

一日2時間マニュアルを読むだけで最短、最速で、あなたのセンター英語長文を9割以上に引っ張り上げる



大学受験 英語長文問題速解法



TOEFL世界第3位、GRE2000点以上、ドイツ語検定トップ0.01%、

LSAT試験対策終了、など語学、特に「英語試験」の頂点を極めた

「語学脳」が、センター直近10年分を解析して、作った、

超短期でセンター英語長文対策を完了させるマニュアル冊子です。


センター英語長文問題はやさしい英語と言われていますが、

なかなか9割以上を得点することは難しい試験です。


それは、なぜなのか、

「受験界」では、英語長文問題の「長文化」とか、

選択肢の「困難化」とか言われています。


それは、確かに一面正しい指摘ですが、

その奥深くには、問題作成側の「ある仕掛け」

があったのです。

この、マニュアルのノウハウの作成者である「唐澤先生」は、

その根底を見抜きつつ、現実問題として、どうしたら、

受験生があの「センター本番」の超緊張のもと、

サクサク問題を解いていけるかを中心課題にして、

短期間にシンプルに身につく「センター長文対策」

の「視点・アプローチ方法」を提示されました。


「シンプル」といことがポイントです。

英語知識がしっかりとあって、今まで、ある程度

英語長文問題をこなしてきた方なら、

2時間×7日間で、おどろくほどセンター英語長文の

見方が変わるでしょう。


では、そのやり方とは?

それも簡単です。本マニュアルに書かれているように

やれば良いのです。

基本は「マニュアル」をただ読んで、

インストールするだけ。


そのあと、インストールを正確にするために

センター過去問で「アウトプット」すれば、整います。


直前期、

「このまま英語長文問題を解き続けるだけで、

果たして、センター本番で、英語長文でドツボに

はまってしまわないだろうか?」

と、日々不安をもちながら、センター英語対策をしている受験生には

「福音」となるでしょう。

「LSAT式」とは何か?

英米エリートの「英語長文問題のほんとうの解き方」を、天才的な頭脳で

徹底的に消化して、それを異文化である「日本の大学受験英語長文問題対策用」

にあらたに創りかえた、全く革命的な「日本大学受験用英語長文速解法」なのです。


これが広まれば、確実に「日本の大学受験英語長文対策」変わると信じます。



一日2時間マニュアルを読むだけで最短、最速で、あなたのセンター英語長文を9割以上に引っ張り上げる「大学受験LSAT式英語長文問題速解法 センター脳インストール編」